枝見的考察記

社会/地域/経済の出来事を斜めの視点から描きます。

赤字でも阪急伊丹空港連絡線を整備すべき理由

 

関西経済の起爆剤とも謳われる”なにわ筋線”が今年度中に着工される。関西人でも存在を知らない人が多く、また別途詳細記事を書こうと思うが、単純に言うとJR難波駅から北進する路線を建設し、梅田⇔関空を環状線を通らずに繋ぐ計画だ。

f:id:edaedachan:20201213214303p:plain


これにより大阪梅田⇔関空の所要時間は現状の64分(関空快速)から最速38分(直通ラピート)に短縮される見込みだ。

 

しかし盛り上がっているなにわ筋線の計画の裏で、もう一つの計画が先送りされようとしている。

 

阪急伊丹空港連絡線

伊丹空港、阪急が梅田直結線を検討 宝塚線から地下新線:朝日新聞デジタル

都心と直結15分?

現状伊丹空港にはモノレールが乗り入れているが、同路線は大阪郊外を結ぶ”外環状路線”のようなもので、都心方面に向かうには「蛍池で阪急線」か「千里中央で御堂筋線」に乗り換える必要がある。当然所要時間はかかるうえ、荷物の多い観光客やビジネスマンにとって乗換はとても苦痛だ。

乗換不要のリムジンバスも多数運行されているが、こちらは梅田まで所要時間40分かかるうえに、阪神高速池田線は渋滞慢性路線と定時運行性が著しく悪い。

そのため梅田と伊丹空港をダイレクトに15分で結ぶ路線を建設することで、利便性の向上が期待されていた。

f:id:edaedachan:20201213215810p:plain

運行主の阪急電車

採算性に疑問?

上記のように期待の大きい伊丹空港連絡線だが、国土交通省の評価によるとB/C(費用便益分析)では1を超える(社会全体で見ると投資する価値がある)ものの、40年以内の黒字化(建設費の完済)は難しいと結論付けられ、採算性の向上策がなければ建設費の補助金を拠出しない方向性が示された。

www.asahi.com

他の検討中路線との比較。新大阪~十三~北梅田を結ぶ「なにわ筋連絡線・新大阪連絡船」の同時整備の費用便益比、収支採算性がもっとも高い。これはこれで楽しみ(出典:国土交通省)

同路線が全線地下で建設されるため建設費が高額なのと、空港利用者以外の利用客が見込めないことが原因だと考えられる。

 

儲かるかどうかで考えていいの?

しかし空港アクセス線を”儲かるか儲からないか”だけで決めていいものだろうか?空港は都市の玄関口で、ビジネスや観光には欠かせない存在だ。特に伊丹空港は国内線基幹空港で利用者も多い。空港と都心が時間的に近くなることにより都市の魅力が向上し、ひいては投資の呼び込みや経済の活性化につながるのではないだろうか?

f:id:edaedachan:20201213221128p:plain

博多駅から5分でアクセス可能な福岡空港

fukuoka-leapup.jp

実際上記のように福岡空港は都心と空港が近い”コンパクトシティ”を実現しており、地方都市の中では最も元気のある都市と言われている。

 

まとめ

・伊丹空港連絡線は空港アクセスを飛躍的に向上させる画期的な路線

・全線地下建設のため採算は厳しい

・それでも大阪の都市魅力向上のために建設すべき